展示案内 駒ヶ根市立博物館

展示室

企画展「上伊那地方に疎開した陸軍登戸研究所の真実」

 展示のテーマは、「上伊那地方に疎開した陸軍登戸研究所の真実」です。
 戦争末期に秘密研究機関であった登戸研究所は、駒ヶ根市と周辺地域に残る貴重な戦争遺産です。
 登戸研究所の疎開は、30数年前の地元の赤穂高校平和ゼミナールの生徒の皆さんによる聞き取り調査をきっかけに、登戸研究所関係者や地元の方達の協力で明らかにされました。その後取り組みは中断していましたが、2018年5月には“歴史の教訓を次の世代に”、“資料を地域の財産に”との目的で調査研究会が発足しました。
 企画展では、調査を継続してきた登戸研究所調査研究会の皆様、赤穂高校平和ゼミナールの皆様と、木下健蔵氏による調査資料や、関係のある皆様からお寄せいただいた貴重な資料を展示いたします。
 “二度と戦争をおこしてはならない” との思いは私達の共通の願いです。戦後75年たった今も大切にしなければなりません。展示資料をご覧になってご一緒に考えて頂ければ幸いです。
 駒ヶ根市教育委員会、市内公民館の平和教育の一環である展示です。


尚、開催期間は、新型コロナウィルス感染拡大の状況により、変更もありますので、ご了承ください。

写真:企画展「上伊那地方に疎開した陸軍登戸研究所の真実」写真:企画展「上伊那地方に疎開した陸軍登戸研究所の真実」

【期間】2020年 6月 2日(火)~2020年 8月 30日(日)
【時間】9:00 ~ 17:15 (入館時間は17:00まで)
【休館日】月曜日[但し、8月10日(月)開館・11日(火)休館]

ロビー展示

中央アルプス国定公園化記念写真展

 ロビーでは、中央アルプスが国定公園に指定されたのを記念して、「中央アルプス国定公園化記念写真展」を開催しております。
 駒ヶ根市の写真家池上好彦さんらが撮影した「中央アルプス」の写真展です。
 私達の生活と共にそびえたつ中央アルプスの雄大な姿、自然が作り出す厳しくも美しい風景が映し出されています。
 写真の他に、池上さんが撮影した写真集も展示いたします。写真集には、「世界に誇れる、中央アルプス、南アルプス、天竜川、伊那谷の美しさ、素晴らしさ、歴史ある魅力を、少しでも感じ取っていただければ」という思いが込められています。
 展示写真や写真集からは、自然の持つ息吹を沢山感じ取ることができます。
 期間が8月30日(日)まで延長になりました。皆様のお越しをお待ちしています。

【期間】2020年 5月 19日(火)~2020年 8月 30日(日)
【時間】9:00 ~ 17:15 (入館時間は17:00まで)
【休館日】月曜日[但し、8月10日(月)開館・11日(火)休館]

展示室の一般利用

館主催事業の展示がない期間に限り、一般・団体の利用が可能です。
(利用料金が必要です)
詳しくはお問い合わせください。